他とは違う耐久型レザー【ブライドルレザー】とは? コードバンとの違いも検証!

ブライドルレザー紳士向けの財布や、バッグに使われるレザーで、とりわけ特別なのがブライドルレザーです。

人とは違う、あの独特の質感に目を引かれたことはありませんか!?
今回はブライドルレザー特集です。

アイキャッチ画像もちゃんとブライドルレザーと関係してますよ!?

ブライドルレザーとは?


ブライドルレザー発祥の地はイギリスです。
イギリスで馬具に採用されていた堅牢な牛革の総称がブライドルレザーなのです。

その特徴はアンティーク調で、重厚感溢れるテイスト!

新品時には、独特のブルームと呼ばれる白い粉が、表面に浮かび上がっています。
ホコリやカビじゃありません、この白い粉の正体は「ロウ」です。

ブライドルレザーは鞣しの後に、ロウを染み込ませています。

これによって耐久性や耐水性を革に与えていて、激しく運動する馬の鞍や轡に使えるようにしているのです!

このブルームは、時間をかけて愛用していくうちに、自然と磨き取れていくことになります。

使い続けると奥から、本物のレザーらしい輝きが現れるようになっていて、これこそが、多くの革製品マニアを魅了しているのです。

ちなみに、新品のブライドルレザー製品のブルームを、拭き取るのか、拭き取らないのかは、意見が分かれるところです。

衣服にロウがついてしまうのが気になる場合は、柔らかいブラシで円を描くように、やさしくブルームを落としてあげましょう。

ただ基本的にブルームは一度落としてしまうと、元に戻すことはできません。使い込むうちにゆっくりと表情が変わっていくのを楽しむのも、ブライドルレザーの良さだと思います!

メンテナンス不要!?

実は、ブライドルレザーは、革製品初心者にも向いている素材であると言えます。

馬具に採用されてきたという実績が示す通り、他の革素材と比べて、遥かに堅牢なのです。

耐久性があるので、初心者が使い始めても、長年に渡って愛用していくことが可能というわけです。

新品の状態から、細かく引っ掻いたような模様が入っていたりするので、傷が目立ちにくいという利点もあったりします。

ツルツルした透明感のあるレザーと比べると、多少、傷や染みができてしまっても、それを目立たせない器の大きさが感じられるレザーですね!
具体的に、どのような手入れとしては、一般的には、汚れやホコリが気になった時に、乾いた布で優しく拭いてあげれば、それで充分、と言われています。

革製品を大切に扱いたがる几帳面な人は、専用のクリームなどを塗って、表面をコーティングしたりするようですが、あまりクリーム類を浸透させてしまうと、コシがなくなってしまう、というようなことも言われていたりするので、ここには注意が必要です。

ブライドルレザーが雨に濡れたら?

ブライドルレザーは、そもそも水に強い方の皮革素材です。

多少の水分であれば、気づいた時にすぐ拭き取る程度で、充分と言えるでしょう。
気になる人は、防水スプレーや、防水成分の入ったオイルなどで表面をコーティングしたりするようですが、防水スプレー自体が染みの原因になってしまう場合もあります。注意ですね!

最低限、雨が降りそうな日に、レザーのバッグを持ち歩くのは避ける、とか。まずは、バッグでなく財布からデビューするようにして様子を見る、とか。

雨なら使用を避けるという対策がお薦めです。

ブライドルレザーとコードバンの違い

ブライドルと並び、紳士人気の高い皮革素材と言えば、それはコードバンです。

2大人気レザーである、ブライドルとコードバンには、どういった違いがあるのでしょうか?

まず、ブライドルが牛革なのに対し、コードバンは馬革で仕立てられています。

大きな違いは、質感でしょう。(←ブライドルレザー    コードバン→)

ブライドルレザーが、アンティーク調の、粉っぽいテクスチャーなのに対し、コードバンは、透明感があり、ツヤっとしています。

革の世界において、コードバンは、ダイヤモンドと呼ばれるくらい、その輝きが自慢のレザーなのです。
ただ、どうしても水濡れや傷には弱い面があることも否定できません。
繊細すぎる分、長く使うなら気を使ってあげたい素材です。手間をかけた分だけ、それに応えてくれる素材ですけどね!

なので、

・こまめにメンテナンスするならコードバン

・ある程度使いっぱなしならブライドルレザー

というような使い分けがいいかもしれません!

マストチェックなブライドルレザーの革小物シリーズ!

では実際にブライドルレザーを使うなら、どんなアイテムがあるのでしょうか!?

実際に使っている、特におすすめのものを紹介していきます!

IS/IT 「ウィンザー」

 


世界最高水準を誇る【THOMAS WARE & SONS LTD.】のブライドルレザーを使用した「ISIT」のアイテムです!

堅牢なブライドルレザーと鮮やかなカラーバリエーションが実用性とファッション性を両立させています!
◇【THOMAS WARE & SONS LTD.】とは?
イギリスのブリストルに位置する、1840年創業の老舗タンナー。

ベジタブルタンニン鞣しを行う最大規模のタンナーで、仕入れから厳選した素材のみを扱うことにこだわっており

その革の仕上がりには定評があります。

ブライドルレザーの商品を検討するなら、間違いなくチェックしておきたいアイテムですね!

IS/IT / イズイット ウィンザー財布 No.949605 ブライドルレザー ラウンドファスナー長財布 カード段14
¥28,000 +税

このアイテムをチェック!

FUJITAKA「ジョセフ」

ブルーム(ロウ)が目立ちにくいようにつくられた上品さと堅牢性を両立させたハイエンドレザーといえば、フジタカの「ジョセフ」シリーズでしょう!

内側の革には、日本で古くから風呂敷や着物に使われている高級素材である”ちりめん”をイメージした上品な細かいシボの軽量レザーを使用。
雰囲気の違いもポイントです!

FUJITAKAのサイフは日本の職人が手掛けたメイドインジャパン!

細かいところにもこだわりがある財布で、熟練した職人が作り出すヘリ返し、高い技術が要求される細かい菊寄せ、ネン引きなど丁寧で確実な縫製も魅力です。

堅実な技術と堅牢な素材で普段使いにも耐えるところがブライドルレザーのいいところ、毎日特別な気分を味わえるサイフですね!

FUJITAKA ACCESSORIES / フジタカ アクセサリーズ
ジョセフ財布 No.649605 ブライドルレザー 長財布 カード段14
¥28,000 +税

このアイテムをチェック!

 

人気のブライドルレザー「名巧ダレスバッグ」

なかなか手の出ない高級品ですが、これだけは……!というアイテムも一つだけ紹介します。いつか手に入れたい……!

ダレスバッグの由来はアメリカの外交官の名前で、弁護士や医師など、一流の仕事人に愛されてきた鞄です。

ダレスバッグは重厚な見た目だけが魅力ではありません!

大開きで中身を確認しやすく、フレームも補強されているので大事な書類もしっかり持ち運べます。

重厚な風格が紳士を格上げし、ビジネスシーンで別格の存在感を放つ、まさにできるビジネスマンの為につくられたマスターピースの風格があると思いませんか!?

FUJITAKA GALLERY / フジタカ ギャラリー ブライドル
No.643501 名巧ダレスバッグ 英国製ブライドルレザー A4
¥230,000 +税

このアイテムをチェック!

まとめ

以上、ブライドルレザーの特徴や魅力について、まとめてお伝えさせてもらいました。

レザー初心者にも向いている皮革であり、表情の変化を楽しむのにも適している、ということがおわかりいただけたかと思います。

是非、好みの商品を探してみてくださいね。

フジタカの商品一覧

FUJITAKA/フジタカ オーブ レザービジネスバッグ A4
70,400円(送料込)
FUJITAKA/フジタカ インナーポーチ レザーポーチ
11,000円(送料込)
FUJITAKA ACCESSORIES/フジタカ アクセサリーズ ネイション財布 長財布 カード段13
41,800円(送料込)
FUJITAKA/フジタカ イーナ レザービジネスバッグ A4(B4ジャスト)
51,700円(送料込)
FUJITAKA/フジタカ オーブ レザービジネスバッグ A4ジャスト
60,500円(送料込)

関連記事一覧